住宅ローン申請書類を確認しておく

住宅ローン申し込み書類をチェック

 住宅ローン申し込みに必要な書類について記してみようと思います。ローン申し込みに必要な書類ですが、先ず本人確認が出来るもの。免許証などです。

それから、収入を確認出来るもの。これは給与所得者から自営業かで違います。前者の場合は、所得証明書、源泉徴収票などです。何期分について必要なのかは金融機関によって違います。後者の場合は、直近2〜3年の納税証明書が要ります。

 それから、勤続年数が確認出来るもの。健康保険証のコピーなどです。これは、本人と扶養家族の欄が必要だったと思います。そして印鑑証明書と住民票。住民票は家族全員が記されているものが必要です。

あと、本人の資産を確認出来るもの。預金通帳のコピーなどのことです。それから、物件に関しての書類。土地・建物登記簿謄本、売買契約書、重要事項説明書、公図、実測図、建物平面図などなどのことであり、これは不動産業者に頼むと揃えてもらえると思います。

尚、必要となるものがコピーであったとしても、偽装防止の為に原本確認をされると思います。ですから、コピーと共に原本も用意しておいた方がいいです。また、各金融機関によって微妙に違いがありますので、そこはチェックしておいてほしいと思います。

Copyright (C)  審査に通りやすい住宅ローンはどこ?【借りやすい銀行の探し方】 All Rights Reserved